脳動脈瘤の検査なら八王子クリニックが人気です

マルチスライスCTによる検査がスゴイです!


東京都の八王子クリニックでは最新のマルチスライスCTによる人間ドックなので時間もかからず、完璧なまでの撮影で病巣がわかります。


八王子クリニックの特徴は

■短い撮影時間:頭部CTがわずか10秒!

■MRIやPETといった従来の検査方法にくらべ、画像が鮮明でわかりやすいため、脳卒中の発見が可能

■「脳・心臓・肺ドック」「脳・心臓ドック」というように組み合わせて受診することも可能

■東京都内や関東地区だけでなく、日本全国からの患者様も多数

料金も意外に安い!?詳細はコチラ  公式サイトへ

脳動脈瘤の名医と脳卒中への可能性・脳動脈瘤を早期発見

脳動脈瘤と言うのは、くも膜下出血の原因とも呼ばれているものです。

脳内にある動脈(血管)にできてしまう異常な膨らみが脳動脈と言うものなのです。これが破裂してしまうことでくも膜下出血という事につながっていくわけなのですが、出血性の脳梗塞や脳機能障害を引き起こす可能性が出てくるという恐ろしい症状になります。


もちろん、最悪の場合には死となる可能性も十分にあり得るものです。毎日の積み重ねで、健康に気を使っていても万が一にもならないとは言い切れない事です。


症状が重く出てしまう前に早期発見・早期治療が健康への近道となるのです。


そこで、知っておきたいのは症状に詳しく、手術が得意な名医の情報と定期的な検査で自身の状態の把握です。


主治医が見つかる診療所という番組では、脳卒中についての名医の紹介や東京八王子クリニックで知られている最新技術ともいえるマルチスライスCTなどを紹介されていました。


ホームページでは各名医の名前や病院の所在地が紹介されているのでチェックしておきましょう。

検診も、近くの病院でただ済ませるのではなく、しっかりとポイントを絞って不安を解消するためにも診てもらうことは、とても大切な事です。

病院のサイトで紹介されている事例画像がスゴイです。。  詳細はコチラ
Copyright © 2009 脳動脈瘤の名医は?· All Rights Reserved·